ホーム > ibarakikougenの記事

ゴルフ腰痛がつらい!!Vol.43

ゴルフによる腰痛
春は最適なゴルフシーズンですが、同時にゴルフによる障害も多くなります。

「あぁっ…また腰が痛い…!」「ラウンド後に腰痛が、、、」とゴルフをした時に、腰痛に悩むゴルファーは少なくありませんね。
ゴルフもスポーツであることを認識しなおして、基礎体力をつけておくことやゴルフのプレー前には、十分な準備運動やストレッチをするすることで体の障害を未然に防ぐことができます。コースに出て、いきなりクラブを振ったりするのは、腰痛だけでなく、さまざまな障害のもとになりかねません。ゴルフの練習やプレーをする前には、十分体を動かしてウォーミングアップするこが大事です。また、いつも振っているスイングの方向とは反対側のスイングをするのも腰痛予防には良いようです。逆方向のスイングをすると、いつも使っている筋肉に拮抗する筋肉を使うことでバランスがよくなりますので、プレーの合間とかに行ってみてください。またラウンド後も、クールダウンで使った筋肉などをほぐしておくことも大切です。
長年ゴルフをされている方で「最近、ラウンドした後や、スイングの練習をした後など、腰の鈍痛がなかなかとれない。」という方が多いと思います。
長年ゴルフをしてきたのに、最近になって腰が痛みだしたというのは、年をとって基礎体力が落ちてきたことや、体の柔軟性がなくなってきたためではないかと思われます。 また筋力が衰えたために、スイングの姿勢も無意識に崩れるということも考えられます。スイング姿勢のチェックも必要かもしれません。
それからゴルフの練習以外に、腹筋や背筋を鍛える筋力トレーニングや、ストレッチ体操をすることも腰痛予防に役立つと思います。
下記の動画では腰痛改善のストレッチを紹介しています。
動画を参考に、ご自身の柔軟性に合わせて無理のない範囲でゆっくり行ってみてください。


健康ワンポイント情報更新!!

健康ワンポイント情報を更新しました!!
こちらより

オープンコンペのご案内(6月まで掲載)

【オープンコンペのご案内】

人気の1.0Rオープンコンペを開催致します♪

ご予約は3ヶ月前の同日正午12時からとなります。

昼食と参加費込みで全員に参加賞が付いて大変お得!

たくさんのご参加お待ちいたしております。

 

 

プラチナティ・オープンコンペ / シニア&レディス杯のご案内

【プラチナティ・オープンコンペ】(4,389ヤード)は1.0R競技
となります。エイジシュート達成者には記念品を贈呈!
また人気のハーフ集計コンペ【シニア&レディス杯】の予定表
と合わせてご案内させていただきます。
たくさんのご参加をお待ちいたしております。

第38回 BS杯成績表

2020年3月12日開催

第38回 BS杯の成績表はこちら

1.0R集計オープンコンペの日程表はこちらから

午前ハーフ集計のシニア&レディス杯の日程表はこちらから

■成績表の発送は入賞者のみとなります。

新型コロナウイルス感染予防および拡散防止について

茨木高原カンツリー倶楽部では、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、お客様と従業員の健康と安全を考慮し、下記の対策に努めております。

・手洗い・うがい・マスク着用・消毒の徹底

・従業員の体調管理の徹底

・通常の共用部清掃に加え、特にフロント周り、レストランや浴場設備内などの拭き上げ消毒の強化

今後も当該報道を注視し、保健行政機関との緊密な連携のもと、お客様と従業員の健康と安全を第一に考え、感染防止に努めてまいります。

皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

4月平日 指定枠限定2サム保証特別料金

4月を対象とした指定枠限定2サム保証(割増なし)プランとなります。

【内 容】
HPの予約カレンダーより【指定枠限定2サム保証】プランの
リアルタイム予約でご予約していただくと2サム保証(割増なし)
とさせていただきます。

【対象日・料金】
 4月の火・水・木曜日の指定日、指定枠
通常10,950円が”指定枠限定2サム保障”プランでのご予約で
⇒ 
10,4002サム保障※昼食別

ご予約はこちらから

※他の料金割引等との併用はできません。
※上記料金には消費税、利用税、振興協力金が含まれております。

---------------------

こちらは昼食付です♪

【対象日】
4月の月・金曜日の指定日、指定枠
通常10,950円が”指定枠限定2サム保障”プランでのご予約で
⇒ 10,400円昼食付!2サム保障

ご予約はこちらから

※他の料金割引等との併用はできません。
※上記料金には消費税、利用税、振興協力金が含まれております。

疲労回復に有効なアクティブレストとは?Vol.42

あえて体を動かすことで回復を促す、「アクティブレスト」(積極的休養)という考え方があります。
疲れをとるための方法として、栄養をとる、ゆっくりお風呂に浸かる、何よりたっぷり寝るなどを思い浮かべると思いますが、「疲れを取るために、体を動かしましょう」と言われたらどうでしょう。「え?」疲れているのに体を動かしたら、余計に疲れるのではないかと。
疲労の状態に合わせて適切な回復方法を選択することで、疲れを引きずることなく仕事やゴルフのパフォーマンスもアップするとしたら、試してみる価値はあると思いませんか?
疲労がたまった状態を放っておくと、コリや痛みなどの不調が現れたり、睡眠不足に陥ったりする可能性もあります。そうなると当然、毎日の仕事へも影響してきますよね。
アクティブレストは軽いジョギングやバイク、ストレッチを取り入れて回復を促します。
コツは次の3つです。
1、きつい運動はしない
2、頑張らない
3、気持ちいいと感じる
そこで今回は、あえて体を動かすことで疲労を回復し、体調を維持して仕事やゴルフのパフォーマンスもアップする「アクティブレスト」の疲労回復方法をご紹介いたします。
毎日を活動的に過ごすために、軽く動いて疲労回復を促すアクティブレストをぜひ活用してみてください。

第29回 白鶴杯成績表

2019年12月5日開催

第29回 白鶴杯の成績表はこちら

■成績表の発送は入賞者のみとなります。

第37回 BS杯成績表

2019年11月19日開催

第37回 BS杯の成績表はこちら

1.0R集計オープンコンペの日程表はこちらから

午前ハーフ集計のシニア&レディス杯の日程表はこちらから

■成績表の発送は入賞者のみとなります。

pagetop